利用者の声

『3ステップ時間管理術』体験者の声

 

■ごちゃごちゃしていた思考や机の上がスッキリかたづけられました(武田一樹さん・行政書士)

3ステップ時間管理術を知る前は、日付が変わるまで仕事をするのがあたりまえという状況でした。

とにかくやることが多く「このままでは倒れてしまう」という危機感がありました。

 学んだ結果、ちょっと変化球ですが、机の上がきれいになりました。

それまではやらなきゃいけないことに関する資料を忘れないように机の上に出していたのですが、

タスク管理を学んでからは机の上に置いておかなくてもタスクを忘れることが少なくなったので、片付けられるようになりました。

 他にも、習ったとおりに仕事を細かく分けたところ、スタッフへの指示出しもうまくいくようになりました。

仕事を振れるようになったので、ずいぶん負担やプレッシャーが減ったと感じています。

 仕事は増えているので相変わらず忙しくはありますが、多忙感とか焦りはむしろ小さくなっていると思います。

以前のやり方だと、きっともう管理ができなかったと思います。

 時間管理を学びに行ったのに、机の上がきれいになったとか、スタッフに仕事を振れるようになったとか、

想像もしていなかった収穫を得られています。

 

着手できなかったやりたいことを実行しやすくなりました(若松さん・ファイナンシャルプランナー)

 以前はGoogleカレンダーを使っていたのですが、3ステップ時間管理術で手帳を使うように教えられてから使い始めて、

今ではすっかり手帳派になりました。手を動かして書いていると、確かに関連していろんなことを思い出したり、思い付いたりするのがおもしろくて。

 特に価値を感じているのは、ほったらかしにしがちだったことを着々と進められるようになったことです。

やりたいことがあっても、決まった締め切りがないとついつい目の前のこと優先して、

いつまでも着手できないパターンが多かったのですが、教えてもらった方法でずいぶん手を着けやすくなりました。

 自分の意識が変わったのもとても大きいと思います。時間管理術と聞くと、必要なのはわかるけどおもしくないし、

ものすごくきっちりと細かく管理していかなきゃいけないイメージがあってとっつきにくかったのですが、

この時間管理術はすごくシンプルなので実行しやすいと感じています。

 時間って人生そのものだと思いますし、大げさじゃなくて人生が変わる時間管理術だと思います。

 

うっかり忘れてしまっていたことが思い出せるようになりました(佐伯秀幸さん・コンサルタント)
 やらなきゃ、と思ったことがあっても、忙しいから、というのを言い訳にしてそのまま棚上げ、なんてことが多かったです。

思いついたことはスマホのメモに書いたり手帳に書いたりしていましたが、見直すタイミングもなく、目につかないのでそのうち忘れてしまっていました。

 3ステップ時間管理術の場合は、書いたタスクを毎日目にするような仕組みになっているので、

やリたいと思ったことやアイデアを毎日思い出すところがいいなと思います。

 クライアントと会うことも多い仕事ですが、1日に5件のアポを入れても多忙感というか焦りを感じなくなりました。

その一方で、時間のバランスが取れるようになって、昔だったら「時間が空いている、何か入れなきゃ」と感じていたところが、

あえて何も入れない日にしよう、なんて選択肢もできるようになりました。

「身を削って働く」という感覚はなくなって、適度にリフレッシュも入れなが働くことができるようになりました。

 あとは、1日できない日があっても次の日がからまたすぐに始めやすいので

強い意思がなくても行動の継続ができるようになる時間管理術だと思っています。

 

「時間がない!」が「時間がある!」に変わりました。(小春さん・セラピスト)
 とにかく目の前のことでいっぱいでした。当時使っていた手帳はいろいろ詰め込みすぎてパンパンになっていたのですが、

自分自身もそんな状態で。とにかくやることに追われていました。

 常に「時間がない」と思っていましたが、3ステップ時間管理術を受けるとその気持ちが

「あれ、時間がある!」に変わったのが驚きでした。別に何か状況が変わったわけでもないのにヘンですよね。

 いま思うと時間はあったと思うのですが、その使い方がわかっていなかったのかなと思います。

 受講してから、短い隙間時間でもうまく活用することができるようになったので、

以前は「30分しかない」と感じていたのが、「30分あればコレができる」と見え方が変わりました。

 以前はやることがひとつふたつ入っただけで忙しいと感じていたのが、

いまでは「まだ入る、これも入る」と思えますし、余裕を感じることがあります。

 もともと三日坊主なところがあって、講座の最中も「使いこなせるかな、続くかな・・」という不安はあったのですが、

これまで勉強してきた時間管理術と違っていまだに継続できているのも嬉しいです。

 

サボってしまっても元どおりに使えるところが助かります。(山岸さん・コンサルタント)
 3ステップ時間管理術を学んでから2年以上経過しますが、これを実践した日と実践していない日とで、

効率というか生産性がまったく違うと感じています。

 具体的には前日に「手帳ミーティング」をやったかどうかですが、さぼってしまった日は

朝起きてやるべきことが決まっていないので、それを考えている間に時間が経ってしまってアイドリング状態が長すぎ!という感じです。

 逆に、頑張って手帳ミーティングをバッチリやってから朝を迎えると、

良い意味で頭を使わなくても動けてしまうので、ムダな時間がなく、すぐにいろんな仕事に着手できます。

 数日サボってしまうと、ついついそのまま1週間サボってしまうこともあるのですが、

この時間管理術のよいところのひとつはシンプルさだと思っているので、

「サボってしまったからやり方が思い出せない」ということがなく、

10分だけ取り組む気力さえあれば、また元どおりに使えるようになるのはサボりがちな僕にはありがたいです。