「仕事もプライベートも大事にしたいけど、とにかく忙しい」

「タスクに追われ行き当たりばったりな毎日。年も年だし少し息切れ気味」

「手帳やアプリをなんとなく使っているけれど、うまくいかない」

そんなお悩みをお持ちの”がんばるビジネスマン”で日本は溢れています。

 

「がんばるのも好きだけど、

もっと効率的に時間管理ができるようになりたい!」

 

果たしてどんな方法がベストなのでしょうか?

 

気合いで乗り切る?

それとも、

仕組みでスマートにいく?

 

  気合いと根性のMさん

「体育会系」時間管理のMさん      

いや〜、あの資料を作るのに夜遅くまで会社に残ってたよ。

お前はいつの間に帰ってたの?

 

スマートに時間管理しているSさん  

そうなんだ。お疲れ様!

仕事片付いたから定時に帰って、帰りにジムに行ってたよ。

      

 

  気合いと根性のMさん

えっ!!

お前、新しいプロジェクトが始まってやること山積みだったんじゃないの?

あれだけのタスクがもう片付いたのか?

  

スマートに時間管理するSさん  

ああ、そうだよ。

でも、スキマ時間をうまく使っても終わったよ。

      

     

  気合いと根性のMさん

お前、すごいな!

こっちは汗水垂らして頑張ってるってのに、お前はいつも涼しげに仕事してるよな。。

スキマ時間つったってスキマなんてこっちは見当たらないぞ!

 

スマートに時間管理するSさん  

余計なお世話かもしれないけど、

本当はスキマ時間あるのに”気付いていないだけ”かもしれないぞ。

俺は手帳やフセンの使い方と”ある仕組み”を覚えてから、

前より楽になったのに、仕事がサクサク進むようになったよ。

  

     

  気合いと根性のMさん

な、なんだと!

手帳やフセンと”ある仕組み”だって〜?

全くもったいつけやがって。

ちょ、ちょっと俺にも教えてくれよ。

       

 

聞くだけで時間管理の達人になれる無料音声をゲットする

 

MさんとSさんを比較すると、、、

 

 気合いと根性のMさん😅💦

 

資料であふれ返るデスクで、

疲れた体に鞭打ちながら

毎日の仕事を気合いで乗り切る。

 

細かい段取りを組むよりも

スピードとアドリブでこなすのが

俺の仕事のやりかた

 

でも、残業の毎日で疲労も蓄積。

ますます時間はなくなるし、

体力も落ちてきたし、

頼れるのは持ち前の

「気合い」と「根性」だけだ。。

 

スマートに時間管理をしているSさん😄

 

スッキリ片付いたデスクで

手帳を片手にゆっくりコーヒーを味わうの朝の日課

大量の仕事を落ち着いて

手際よく片付けていく

余った時間は

プライベートを楽しんだり、

勉強や自己投資に使ったり、

昇進・昇給も期待され、

周りからの信頼も厚い

「お前、いつあれだけの仕事をしてるんだ?」

とたまに言われるけれど、

 

手帳とフセンを相棒に

”1日5分の習慣”を続けてるだけなんだよなぁ

 

なぜ、時間管理できないのか?

 

仕事に情熱をもって取り組まれるのは素晴らしいこと。

ただ、勢いや体力で乗り切るには限界があります。

もっと上手に時間管理をこなして

仕事もプライベートも充実させる方法はないものか?

世の中には

時間管理のノウハウ本やツールが

溢れていますが

それを上手に使いこなせている人は

ごく僅かです。

なぜなら、それは

時間管理の「本質」

”1日5分の習慣”で成果を出す「仕組み」

を理解していない人がほとんどだからです。

 

聞くだけで時間管理の達人になれる『時間管理術セミナー音声』無料でゲット

 

時間管理の「本質」と

”1日5分の習慣”で成果を出す「仕組み」を

一人でも多くの人に届けたい!

 

時間管理上手になって、

仕事も家庭も大事にできるビジネスマンをもっと増やしたい!

 

そんな想いを胸に、

日本時間管理術協会の代表理事であり、

著書28冊、メディアに引っ張りだこの浅倉ユキさんが、

今ではもう開催していない

 

幻の『3ステップ時間管理術セミナー』

セミナー音声

無料でプレゼントします!

 

幻のセミナー音声を無料でゲット!

 

メディア掲載実績

 

 

聞くだけで時間管理の達人になれる無料音声をゲットする

 

MさんとSさんを比較すると、、、

あなたも1日たった5分の習慣で

スマートに時間管理できるようになり、

今より楽に、今までの以上のパフォーマンスをあげたくありませんか?

手帳やツールを150%使いこなし、

時間管理術を自分のものにして

ライバルに大きく差をつけたくありませんか?

 

『3ステップ時間管理術の無料音声セミナー』で得られること

 

 1日たった5分の習慣で時間管理をうまくいく方法がわかる

 目の前の仕事に追われない時間管理の方法が学べる

 年収の高い人がやっている手帳の効率的な使い方がわかる

 段取りがうまくなり、スマートにタスクを実行していく方法がわかる

 スケジューリングのミスも減り、気持ちに余裕が出てくる

 今より楽にムラなくパフォーマンスもあげるコツがわかる

1540_32 仕事がはかどり、周りからの信頼も上がる秘訣がわかる

1540_32 ダブルブッキングやタスクの抜け漏れを防ぐ秘訣がわかる

1540_32 体に負荷をかけることなく余裕のあるスケジューリングを組むコツがわかる

1540_32 的確に優先順位をつけるヒントが得られる

1540_32 隙間時間を有効活用する方法がわかる

1540_32 集中したいことに集中できる環境が整えるヒントが得られる

 

『3ステップ時間管理術』体験者の声

 

ごちゃごちゃしていた思考や机の上がスッキリかたづけられました

(武田一樹さん・行政書士)

 3ステップ時間管理術を知る前は、日付が変わるまで仕事をするのがあたりまえという状況でした。とにかくやることが多く「このままでは倒れてしまう」という危機感がありました。

 学んだ結果、ちょっと変化球ですが、机の上がきれいになりました。それまではやらなきゃいけないことに関する資料を忘れないように机の上に出していたのですが、タスク管理を学んでからは机の上に置いておかなくてもタスクを忘れることが少なくなったので、片付けられるようになりました。

 他にも、習ったとおりに仕事を細かく分けたところ、スタッフへの指示出しもうまくいくようになりました。仕事を振れるようになったので、ずいぶん負担やプレッシャーが減ったと感じています。

 仕事は増えているので相変わらず忙しくはありますが、多忙感とか焦りはむしろ小さくなっていると思います。以前のやり方だと、きっともう管理ができなかったと思います。

 時間管理を学びに行ったのに、机の上がきれいになったとか、スタッフに仕事を振れるようになったとか、想像もしていなかった収穫を得られています。

 

着手できなかったやりたいことを実行しやすくなりました

(若松さん・ファイナンシャルプランナー)

 以前はGoogleカレンダーを使っていたのですが、3ステップ時間管理術で手帳を使うように教えられてから使い始めて、今ではすっかり手帳派になりました。手を動かして書いていると、確かに関連していろんなことを思い出したり、思い付いたりするのがおもしろくて。

 特に価値を感じているのは、ほったらかしにしがちだったことを着々と進められるようになったことです。やりたいことがあっても、決まった締め切りがないとついつい目の前のこと優先して、いつまでも着手できないパターンが多かったのですが、教えてもらった方法でずいぶん手を着けやすくなりました。

 自分の意識が変わったのもとても大きいと思います。時間管理術と聞くと、必要なのはわかるけどおもしくないし、ものすごくきっちりと細かく管理していかなきゃいけないイメージがあってとっつきにくかったのですが、この時間管理術はすごくシンプルなので実行しやすいと感じています。

 時間って人生そのものだと思いますし、大げさじゃなくて人生が変わる時間管理術だと思います。

 

うっかり忘れてしまっていたことが思い出せるようになりました

(佐伯秀幸さん・コンサルタント)

 やらなきゃ、と思ったことがあっても、忙しいから、というのを言い訳にしてそのまま棚上げ、なんてことが多かったです。思いついたことはスマホのメモに書いたり手帳に書いたりしていましたが、見直すタイミングもなく、目につかないのでそのうち忘れてしまっていました。

 3ステップ時間管理術の場合は、書いたタスクを毎日目にするような仕組みになっているので、やリたいと思ったことやアイデアを毎日思い出すところがいいなと思います。

 クライアントと会うことも多い仕事ですが、1日に5件のアポを入れても多忙感というか焦りを感じなくなりました。その一方で、時間のバランスが取れるようになって、昔だったら「時間が空いている、何か入れなきゃ」と感じていたところが、あえて何も入れない日にしよう、なんて選択肢もできるようになりました。「身を削って働く」という感覚はなくなって、適度にリフレッシュも入れなが働くことができるようになりました。

 あとは、1日できない日があっても次の日がからまたすぐに始めやすいので、強い意思がなくても行動の継続ができるようになる時間管理術だと思っています。

 

「時間がない!」が「時間がある!」に変わりました。

(小春さん・セラピスト)

 とにかく目の前のことでいっぱいでした。当時使っていた手帳はいろいろ詰め込みすぎてパンパンになっていたのですが、自分自身もそんな状態で。とにかくやることに追われていました。

 常に「時間がない」と思っていましたが、3ステップ時間管理術を受けるとその気持ちが

「あれ、時間がある!」に変わったのが驚きでした。別に何か状況が変わったわけでもないのにヘンですよね。

 いま思うと時間はあったと思うのですが、その使い方がわかっていなかったのかなと思います。

 受講してから、短い隙間時間でもうまく活用することができるようになったので、以前は「30分しかない」と感じていたのが、「30分あればコレができる」と見え方が変わりました。

 以前はやることがひとつふたつ入っただけで忙しいと感じていたのが、いまでは「まだ入る、これも入る」と思えますし、余裕を感じることがあります。

 もともと三日坊主なところがあって、講座の最中も「使いこなせるかな、続くかな・・」という不安はあったのですが、これまで勉強してきた時間管理術と違っていまだに継続できているのも嬉しいです。

 

サボってしまっても元どおりに使えるところが助かります。

(山岸さん・コンサルタント)

 3ステップ時間管理術を学んでから2年以上経過しますが、これを実践した日と実践していない日とで、効率というか生産性がまったく違うと感じています。

 具体的には前日に「手帳ミーティング」をやったかどうかですが、さぼってしまった日は朝起きてやるべきことが決まっていないので、それを考えている間に時間が経ってしまってアイドリング状態が長すぎ!という感じです。

 逆に、頑張って手帳ミーティングをバッチリやってから朝を迎えると、良い意味で頭を使わなくても動けてしまうので、ムダな時間がなく、すぐにいろんな仕事に着手できます。

 数日サボってしまうと、ついついそのまま1週間サボってしまうこともあるのですが、この

時間管理術のよいところのひとつはシンプルさだと思っているので、

「サボってしまったからやり方が思い出せない」ということがなく、10分だけ取り組む気力さえあれば、また元どおりに使えるようになるのはサボりがちな僕にはありがたいです。

 

 

聞くだけで時間管理の達人になれる無料音声をゲットする

 

Copyright © 日本時間管理術協会  JTMA All Rights Reserved.